消費者金融から借金した過去は、就職に響くのか?

消費者金融から借金した過去が就職に影響することは基本的にないようです。そもそも、消費者金融からお金を借りているという情報は、個人情報なのでまともな金融機関ならば流出はしません。個人信用情報には最後の取引から5年間は記録が残っていますが、個人信用情報は金融機関でなければ閲覧することができないので、自分で言わなければ就職に影響することはありません。しかし、友達などに話している場合、それが面接官に伝わってしまっていることもあります。人と人とのつながりはあなどらないようにしておきましょう。

例外的に、銀行やクレジットカード会社などに就職をする場合には、過去の信用情報を閲覧されてしまうことがあるようです。消費者金融から借金をしている人というのは、日常生活では特段信用が落ちるようなことはありませんが、お金を扱う仕事はまかせられないという考え方もあります。延滞などをしていなければ、通常なら信用を落とすことはありません。しかし、お金を扱うような仕事に就職をする場合には、影響してしまうことがあるので、消費者金融で借金はしないほうが良いと言われています。

金融機関への就職をする場合でも、過去に1度くらい消費者金融を利用していても総合的な判断で採用される可能性はあるので、諦めないようにしておきましょう。しかし、なにが影響してくるかはわからないので、なるべく借金はしないように気をつけておいたほうが良いです。クレジットカードでショッピングをする場合にも、リボ払いは避けておくのが無難です。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.